閉じる
  1. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  2. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  3. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  4. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  5. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  6. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  7. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  8. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  9. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性

皮脂がたくさん出て、顔がテカっていませんか?

皮脂が増えると、テカりやべたつきでせっかくのお化粧も台なしになってしまいますよね。

しかし、皮脂の過剰分泌で怖いのは、実は見た目の問題ではなく、お肌のトラブルなんですよ。

今回は、皮脂が増えることで起こる肌トラブルについてお伝えします。

★皮脂の放置が肌をダメにする

皮脂は肌の表面に膜をはって、肌を健やかに保ってくれています。

皮脂は決して悪者ではないのです。

しかし、それは、皮脂の量が適度なときの話です。

実は、皮脂が増えすぎると肌にとってマイナス面が出てくるようになります。

過剰な皮脂を放置していると、肌トラブルが起きやすくなり、肌がどんどんダメになる可能性があるのです。

★皮脂の過剰分泌で起こる5つのトラブル

それでは、皮脂が過剰に分泌されることで、具体的にどのような肌トラブルが起こるようになるのでしょうか?

過剰な皮脂で起こる主な肌トラブルは次の5つが挙げられます。

肌トラブル1 毛穴の黒ずみ

皮脂が過剰になると、肌に残った古い角質や汚れ、メイクの残りなどと混ざり合って角栓ができやすくなります。

角栓が毛穴の出口に詰まると取り除きにくくなり、空気中の酸素によって酸化されてしまいます。

酸化された角栓は黒くなり、毛穴の黒ずみやいちご鼻を起こすようになります。

肌トラブル2 毛穴の開き

過剰な皮脂を放置していると、空気中の酸素や紫外線などによって酸化されます。

酸化された皮脂は、過酸化脂質と呼ばれる肌にも体にも悪い物質に変化してしまうんですよ。

過酸化脂質は肌を刺激して炎症を引き起こします。

すると、角質が厚くなって毛穴の柔軟性がなくなり、毛穴が開いたままになってしまいます。

肌トラブル3 ニキビ

過剰な皮脂で角栓ができると、毛穴の中に皮脂が溜まってニキビができます。

さらに、皮脂はニキビの原因となるアクネ菌の大好物です。

アクネ菌が過剰な皮脂を食べてどんどん増えると、炎症が起き、ニキビが悪化します。

肌トラブル4 肌老化

過酸化脂質という刺激物質に変身した皮脂は、肌を攻撃します。

この状態を放置していると、肌は過酸化脂質によってダメージを受けつづけ、老化が加速してしまいます。

肌トラブル5 肌のくすみ

酸化した皮脂で肌がダメージを受けると、ターンオーバーが乱れ始めます。

すると、角質が厚くなって、肌がくすむようになります。

また、過酸化脂質によるダメージから肌を守るために、メラニンがたくさん作られるようになります。

メラニンが増えると、肌が全体的に黒ずんで見えるようになるんですよ。

★皮脂が酸化しやすい夏は要注意!

高温や紫外線など夏は、過剰な皮脂が酸化されやすい状態です。

夏こそしっかり皮脂ケアをして肌を守ってくださいね。

関連記事

  1. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?

  2. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!

  3. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る