閉じる
  1. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  2. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  3. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  4. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  5. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  6. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  7. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  8. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  9. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

飛び出せ!痩せホルモン!レプチンを出してダイエット

ストレスホルモンや幸せホルモンなど体の中では様々な働きをするホルモンが分泌されています。
そして、ダイエットを行うときに知っておきたいホルモンが、「レプチン」です。

レプチンとは、どんな物質で、どのようにダイエットをサポートしてくれるのでしょうか?

★レプチンって一体なに?

レプチンとは、体の中で働いているホルモンの一種です。レプチンは、脂肪細胞から分泌されて、脳まで届けられます。そして、脳に作用することで、ダイエットに関わる様々な反応を引き起こすんですよ。

★レプチンは「痩せるホルモン」レプチンは、ギリシャ語の「痩せる」という意味の言葉が由来しています。

名前の通り、体全体に痩せるシグナルを発生させます。
レプチンは、体のエネルギーのバランスを保つ役割を担っています。具体的には、食べる量とエネルギーを使う量を調整する働きを持っています。
レプチンの重要な働きは次の2つです。
・満腹中枢を刺激して食欲を抑制する・交感神経の働きを高めて体を活動モードにし、エネルギーの消費を促す
つまり、レプチンは体を痩せ体質にして、肥満を防ぐダイエットの強い味方なのです。

★レプチンで痩せる仕組みそれでは、レプチンは一体どのタイミングで分泌されて、どのようなメカニズムで力を発揮するのでしょうか?

レプチンで痩せる仕組みは次の通りです。

1. 食事で体の中の脂肪が増える

2. 脂肪細胞が刺激されてレプチンが分泌される

3. レプチンは脳の視床下部で受け取られる

4. レプチンを受けとった視床下部は、「満腹」だと感じ取って食欲を抑制5. 視床下部が自律神経に司令を出し、交感神経を活性化させる6. 活性化した交感神経が代謝を高めてエネルギーの消費を増やす

★レプチンは血糖値を下げる働きもあるレプチンは血糖値を下げる働きもあるため、糖尿病の治療でも注目されています。

レプチンには、糖の代謝を調節して、血糖値を下げる働きが報告されているのです。視床下部でレプチンが受け取られると、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞や筋肉などで糖が取り込まれて利用されるようになります。

さらに、インスリンの感受性を高める作用も報告されています。インスリンの感受性とは、インスリンの働きやすさのことです。つまり、レプチンはインスリンが働きやすい状態を作ってくれるんですよ。

血糖値が高い状態は、肥満を招きます。レプチンは血糖値の観点からも、ダイエットに貢献してくれるのです。

★レプチンを効かせるためにはストレスケアが大切レプチンは視床下部に作用することで、効果を発揮します。

ストレスが強い状態が続くと、視床下部の負担が大きくなって働きが悪くなり、レプチンが働きにくくなります。
レプチンで痩せるためには、ストレスケアで視床下部を元気に保つことが大切なんですよ。

関連記事

  1. 夏でも太る?その原因は冷えにあった

  2. 白湯にジンジャーパワーをプラスしてダイエット効果アップ!

  3. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?

  4. 人はなぜリバウンドを繰り返すのか?答えはレプチンにあり

  5. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう

  6. 白湯の正しい作り方と飲み方

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る