閉じる
  1. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  2. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  3. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  4. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  5. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  6. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  7. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  8. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  9. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?

あなたはしっかり睡眠が取れていますか?
実は睡眠時間も肥満に大きく関係するんですよ。

睡眠不足が続くと、太りやすくなってしまうのです。

それでは、いったいどうして睡眠不足は肥満を招いてしまうのでしょうか?
今回はその謎に迫っていきましょう。

★睡眠不足は肥満のもと
睡眠時間と肥満の関係については、世界各国で研究が行われています。
その中で分かってきたのが、睡眠時間が短いと太りやすいということです。

アメリカのコロンビア大学で行われた大規模な研究では、平均の睡眠時間が7時間の人に比べて、
・睡眠時間が6時間の人:肥満度が23%高い
・睡眠時間が5時間の人:肥満度が50%高い
・睡眠時間が4時間の人:肥満度が73%高い
という結果が出ています。

7時間以下の睡眠では、睡眠時間が短くなるほど肥満になりやすいのです。

それでは、どうして睡眠時間が短いほど太りやすいのでしょうか?
その理由は、ホルモンにあります。

★睡眠時間が短いと痩せホルモンが減る
睡眠時間が短いと痩せる作用のあるホルモンが減ってしまいます。
睡眠不足によって減ってしまう痩せホルモンは、次の2つが挙げられます。

・レプチン
・成長ホルモン

アメリカのスタンフォード大学の研究では、5時間睡眠の人は8時間睡眠の人よりおよそ16%レプチンが減ることが報告されています。
つまり、寝不足になるとレプチンが減って、食欲が増し、脂肪を溜め込む体質になってしまうのです。

また、細胞を修復するために睡眠中は成長ホルモンがたくさん出ます。
実は、成長ホルモンには、脂肪を分解して減らす効果があります。
睡眠時間が減ると、成長ホルモンが減ってしまい、脂肪が蓄積されやすくなるんですよ。

★睡眠時間が短いと太るホルモンが増える
さらに、睡眠不足は太る作用のあるホルモンを増やしてしまいます。
睡眠不足によって増えてしまう太るホルモンは次の2つです。

・グレリン
・コルチゾール

グレリンは、胃から分泌されるホルモンで、食欲を増やす働きがあります。
それだけではなく、グレリンが増えると高脂肪や高カロリーの食べ物を好んで食べるようになることが分かっています。

つまり、睡眠不足でグレリンが増えると、太りやすい食事をするようになってしまうのです。

一方、コルチゾールはストレスを感じると分泌される「ストレスホルモン」の一種です。
コルチゾールには、血糖値を高くする働きがあります。

すると、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。
インスリンには脂肪を蓄積させる働きがあるため、睡眠不足が続くとぶくぶく太ってしまうんですよ。

★寝過ぎてもダイエットにはよくない?!
たくさん寝れば痩せられるかというと、そうでもありません。
睡眠時間が9時間以上になっても太りやすいという報告があります。
つまり、睡眠時間が短くても長くても、ダイエットには良くないのです。

★レプチンを増やす適切な睡眠時間とは?
それでは一体、痩せるためには何時間睡眠がベストなのでしょうか?

ここで2つのデータをご紹介します。

1つ目は、アメリカでの肥満者と睡眠時間の関係のデータです。
こちらのデータでは、BMIが30以上の肥満者の割合は以下のような分布になっています。
・睡眠時間が6時間未満:33.3%
・睡眠時間が7~8時間:22%
・睡眠時間が9時間以上:26.3%

2つ目は、カナダでの6年間にわたる追跡調査のデータです。
こちらのデータでは、
・体重の増加
・胴回りの増加
・体脂肪の増加
の3つ全てにおいて、6時間未満の睡眠で最も多くなり、続いて9時間以上の睡眠、7~8時間の睡眠で最も少なくなっています。

つまり、7~8時間の睡眠がダイエットにはベストなのです。

関連記事

  1. 白湯がダイエットに有効だと思う理由がこれ

  2. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう

  3. 痩せるホルモンと言われるレプチンを出す簡単食事法

  4. 夏でも太る?その原因は冷えにあった

  5. 人はなぜリバウンドを繰り返すのか?答えはレプチンにあり

  6. 白湯にジンジャーパワーをプラスしてダイエット効果アップ!

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る