閉じる
  1. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  2. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  3. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  4. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  6. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  7. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  8. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  9. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

白湯にジンジャーパワーをプラスしてダイエット効果アップ!

白湯は、ダイエットには最適な飲み物です。
実は、白湯にある食材をプラスするだけでダイエット効果をさらに高めることができるんですよ。

その食材こそが、今回お伝えするしょうがです。

★しょうがは伝統医学の優秀食材しょうがは、漢方において体を温める作用が強い食材として昔から重宝されてきました。
さらに、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダにおいても、しょうがは消化力を高めて体を健康な状態にする効果が抜群だとして用いられてきたんですよ。
しょうがは昔から様々な国や地域で、人々の健康を守ってきた優秀食材なのです。

★しょうがに秘められた4つのダイエット効果しょうがには、次の4つのダイエット効果が秘められています。

効果1 血流をよくするしょうがに含まれている辛味成分ジンゲロールには、血管を広げて血流を改善する効果があります。
効果2 代謝を高めて痩せ体質にするしょうがの成分であるショウガオールには、熱を作り出して体を芯から温める作用があります。ショウガオールによって体が温まることで、代謝が高まり、痩せ体質になれるんですよ。
効果3 胃腸を元気にするしょうがには、胃腸を元気にして消化する力を高める作用があります。消化力が高まることで、巡りのよい体に改善できます。
効果4 脂肪を燃やし脂肪の蓄積を防止するしょうがの成分であるジンゲロンには、脂肪の燃焼を促す効果があります。さらに、ジンゲロールには脂肪が蓄積するのを防止する作用があるため、しょうがを食べることで脂肪を溜め込みにくい体を作ることができます。

★しょうが白湯にするとしょうがのパワーがアップする!

しょうがの効果は、しょうが白湯にすることで、さらにパワーアップします。それは、しょうがを加熱することによって、ジンゲロールがショウガオールという成分に変わるためです。
ショウガオールは、上述した通り、体を温めて代謝を促進する効果に優れています。しょうが白湯で、ショウガオールをたっぷりと摂ることで、燃焼系の体になれるのです。

★しょうが白湯の作り方しょうが白湯の作り方はとても簡単です。

1. しょうがを薄くスライスする

2. スライスしたしょうが2~3枚をやかんに入れる

3. やかんに水を入れる

4. やかんを強火にかけて沸騰したらフタをとる

5. ぶくぶくと大きな泡が出る程度の火加減で10~15分沸かす

基本的な白湯の作り方は全く同じで、お湯を沸かすときにスライスしたしょうがを入れればいいだけです。
また、しょうが白湯を持ち歩きたい方には、次の作り置きレシピがおすすめです。

1. 保温できる水筒にスライスしたしょうがを入れる2. そこに熱湯を400ml注ぎ入れる3. しっかりフタをして3時間以上蒸らしてから飲む

★しょうが白湯の正しい飲み方しょうが白湯を飲むときのポイントは以下の通りです。

ポイント1 食前に飲むしょうが白湯は食前に飲むことで、脂肪の吸収を防止して、ダイエット効果を高めることができます。また、胃腸の働きをサポートする効果も期待できますよ。
ポイント2 朝と夜の2回飲むしょうが白湯を飲むタイミングは、朝の食前と夜の食前がおすすめです。朝と夜に飲むことで、体を温める効果を高めることができます。
ポイント3 1日あたり2~3杯を目安にするしょうがは胃腸によい働きをしますが、摂りすぎると逆に胃腸の負担になってしまいます。そのため、しょうが白湯は1日あたり2~3杯にとどめ、飲みすぎないようにしましょう。

★飲みにくい人ははちみつでアレンジしよう!

しょうが白湯がどうしても飲みにくいという方は、ハチミツを入れると飲みやすくなりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

  1. レプチンを味方にする食事の方法がこちら

  2. 白湯の正しい作り方と飲み方

  3. 白湯がダイエットに有効だと思う理由がこれ

  4. 人はなぜリバウンドを繰り返すのか?答えはレプチンにあり

  5. 夏でも太る?その原因は冷えにあった

  6. 飛び出せ!痩せホルモン!レプチンを出してダイエット

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る