閉じる
  1. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  2. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  3. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  4. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  5. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  6. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  7. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  8. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  9. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

白湯がダイエットに有効だと思う理由がこれ

夏太りを防いで効率よく痩せるためには、内臓冷えを改善したり予防することが大切です。

内臓を温めて内臓冷えを解消するのにおすすめなのが、白湯です。

実は、白湯には内臓を温めて痩せやすい体質にする嬉しいダイエット効果がたくさん詰まっているんですよ。

★白湯はアーユルヴェーダでも重宝されている
白湯は、アーユルヴェーダで昔から健康の維持や老化防止のために用いられてきた健康法の一つなんですよ。

アーユルヴェーダとは、インドの伝統医学のことです。
世界3大伝統医学の一つであり、世界保健機関(WHO)からも予防医学として認定されており、世界的にも注目されています。

実は、このアーユルヴェーダにおいて、白湯は体を元気に甦らせる魔法の飲み物として扱われているのです。

 

★痩せ体質になれる!白湯の嬉しい効果
それでは、白湯にはどのような効果が期待できるのでしょうか?
白湯を飲む習慣を身につけることで、得られる効果は次の5つです。

効果1 内臓が活発に働くようになる
白湯は胃腸を優しく温めてくれます。
夏の内臓冷えで機能が低下した内臓は、白湯で温められることで元気を取り戻し、復活します。
すると、消化する力が高まり、全身の細胞が元気になるんですよ。

効果2 体の中が浄化されてきれいになる
内臓の機能が回復すると、体の中に溜まった毒素がスムーズに排出できるようになります。
すると、腸内がきれいに浄化され、便秘が解消されたり、やせ菌が増えるなどダイエットにプラスの効果が得られます。

効果3 血流が良くなる
体の中が白湯によってきれいに浄化されると、体全体の循環がよくなります。
すると、内臓冷えで停滞していた血液の流れも良くなります。
血流が良くなることで、体全体が温められ、冷えにくい痩せ体質になることができるんですよ。

効果4 代謝が高くなる
消化する力が高くなって細胞が元気になったり、血流が良くなることで、代謝が高まります。
代謝が高くなると、消費カロリーが増え、効率よくダイエットすることができます。

効果5 自律神経が整う
胃腸は自律神経によって働きがコントロールされています。
そのため、胃腸が白湯によって優しく刺激されると、副交感神経が活性化して心身がリラックスします。

白湯を飲むと、ホッと気持ちが落ち着くのは、副交感神経が優位になるからなんですよ。

★体調によって白湯の味が変わる!
実は、白湯の味は体調によって変化します。
内臓が元気で体調がいいときは、白湯はほんのり甘く美味しく感じます。

一方で、体に毒素が溜まっていたり、内臓の機能が低下していたり体調が悪いときは、白湯がまずく感じられます。

白湯はダイエットの強い味方になるだけではなく、体調チェックの指標にもなるんですよ。

関連記事

  1. 痩せるホルモンと言われるレプチンを出す簡単食事法

  2. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう

  3. 飛び出せ!痩せホルモン!レプチンを出してダイエット

  4. 白湯にジンジャーパワーをプラスしてダイエット効果アップ!

  5. 夏でも太る?その原因は冷えにあった

  6. レプチンを味方にする食事の方法がこちら

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る