閉じる
  1. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  2. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  3. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  4. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  6. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  7. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  8. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  9. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

痩せるホルモンと言われるレプチンを出す簡単食事法

ダイエットを成功させるためには、「大食い」や「暴飲暴食」を改善して食事量を適正にすることが大切です。

そして、もう一つ重要なのが、ゆっくりと食べることです。

実は、「早食い」をすると痩せホルモンであるレプチンの恩恵を受けられなくなってしまうんですよ。

★早食いの人は肥満ホルモンが増える

早食いは肥満を悪化させ、体に太るサイクルを作ってしまいます。

一気に食べ物を体の中に入れると、血液中の糖分の量が急上昇します。
すると、血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが大量に分泌されます。

インスリンには、次の2つの働きがあります。

・細胞に糖分を取り込ませて血糖値を下げる
・余った糖分から脂肪を合成して体脂肪を蓄積させる

そのため、インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれているんですよ。

早食いで血糖値が急上昇すると、インスリンが必要以上に分泌されて、脂肪を増やすようになるのです。

★レプチンは働くまでに20分必要

また、早食いは痩せるホルモンであるレプチンの働きを無駄にしてしまいます。

レプチンは働き出すまでにおよそ20~30分程度時間を必要とします。

レプチンには、脳に満腹を感じさせて食欲を抑える作用があります。
つまり、時間をかけずに食事をすると、レプチンで食欲が抑えられる前に食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまうのです。

★ゆっくり時間をかけて食事をすると痩せられる!

早食いは、太るホルモンインスリンを増やし、痩せるホルモンレプチンの働きを無駄にします。
早食いを続けていると、体は痩せにくく太りやすい体質になっていくんですよ。

ダイエットを成功させるためには、ゆっくりと時間をかけて食事をすることが大切です。
時間をかけて食事をすることで、次の2つのダイエット効果が得られます。

・血糖値がゆっくりと上昇することでインスリンが必要以上に分泌しなくなる
・レプチンが効いて過食を抑えられる

★1口あたり30回噛んで痩せ体質になろう!

ゆっくりと食事をするためには、1口あたり30回噛むことをおすすめします。
よく噛むことで、必然と食事時間が長くなり、レプチンによって食べる量を抑えられます。

また、よく噛むと食事で消費するカロリーを増やすこともできます。
脳の活性化や顔のスリムアップにも繋がるので、嬉しいことだらけなんですよ。

★ひと工夫でよく噛む習慣を身につける

よく噛む習慣をつけるためには、次のような工夫をするといいでしょう。

・一口ごとに箸を箸置きにおく
・食材を大きめに切る
・皮付きのまま野菜を調理する
・ナッツなど歯ごたえのある食材を使う

たくさん噛んで痩せ体質をゲットしてくださいね。

関連記事

  1. 飛び出せ!痩せホルモン!レプチンを出してダイエット

  2. レプチンを味方にする食事の方法がこちら

  3. 白湯にジンジャーパワーをプラスしてダイエット効果アップ!

  4. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?

  5. 白湯の正しい作り方と飲み方

  6. 夏でも太る?その原因は冷えにあった

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る