閉じる
  1. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  2. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  3. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  6. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  7. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  8. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  9. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう

夏は外の暑さとはうらはらに、内臓が冷えやすい季節です。
実は、内臓の冷えを放置していると、ダイエットには嬉しくないことばかり起きてしまうんですよ。
そこで今回は、内臓冷えでぶくぶく太ってしまう理由についてお伝えします。

★内臓が冷えるとどんな症状が出るの?
内臓が冷えるとどのような症状が出るのでしょうか?
まずは、自分の内臓が冷えていないか、簡単なチェックリストで確認してみましょう。

・風邪を引きやすい
・イライラする
・体の疲れがとれない
・肩がこる
・平熱が36度より低い
・胃もたれしやすい
・むくみやすい

上記の症状に心当たりがある方は、内臓が冷えている可能性があるので、注意しましょう。

★内臓が冷えると代謝が落ちる
内臓冷えでもう一つ注意が必要なのが、体重の増加です。
実は、内臓が冷えると代謝が落ちて、太りやすい体質になってしまうのです。

内臓冷えによって体温が1度下がると、なんと代謝が約12%も低下します。
さらに、代謝だけではなく、免疫力も30%以上落ちてしまうんですよ。
内臓冷えの症状に風邪の引きやすさが挙げられるのは、免疫力が低下するからなのです。

通常平熱は36.5度前後となっています。
健康とダイエットのためにも、一度体温を計って自分の平熱を把握してみてくださいね。

★内臓が冷えるとお腹周りに贅肉がつく
内臓が冷えると、胃腸を中心に内臓の機能が悪くなります。
すると、消化する力が衰え、体全体に十分な栄養が行き渡らなくなります。

栄養不足になった細胞は、体が飢餓状態になっていると勘違いし、命を守るために脂肪を溜め込むようになるんですよ。

お腹周りには命の要である内臓が集まっています。
そのため、内臓が冷えると、お腹周りを中心に贅肉がつき、ぽっこりお腹になってしまうのです。

さらに、お腹周りについた脂肪は一度冷えると温まりにくいため、内臓冷えを悪化させるというマイナスの連鎖が起きてしまいます。

★内臓が冷えると腸内環境が悪化する
内臓が冷えて腸の動きが悪くなると、便秘になります。
便秘で腸の中に便が溜まると、腸内に住んでいる悪い菌たちが元気になり、せっせと有毒な物質を作り出します。

すると、腸の中が腐敗していき、腸内環境が悪くなってしまうのです。
腸内には痩せやすい体質にするやせ菌や太りやすい体質にするデブ菌がいるのですが、腸内環境が悪くなると、やせ菌の働きが悪くなり、デブ菌が元気になってしまうんですよ。

★男性は特に隠れ内臓冷えに注意しよう
内臓冷えは、ダイエットの壁となるだけではなく、万病の元にもなります。
一方で、手足の冷えのように自覚しにくいのが、難点です。

特に、冷えに関して鈍感な男性は内臓冷えが悪化するまで気付きにくいため、注意してください。
女性はもともと筋肉量が少ないため、冷えになりやすいのですが、最近は運動不足などで男性の隠れ内臓冷えも増えているんですよ。

関連記事

  1. レプチンを味方にする食事の方法がこちら

  2. 飛び出せ!痩せホルモン!レプチンを出してダイエット

  3. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?

  4. 白湯がダイエットに有効だと思う理由がこれ

  5. 白湯にジンジャーパワーをプラスしてダイエット効果アップ!

  6. 痩せるホルモンと言われるレプチンを出す簡単食事法

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る