閉じる
  1. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  2. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  3. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  4. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  5. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  6. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  7. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  8. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  9. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

そのクレンジングの方法間違ってますよ

角栓を取り除くために、クレンジング剤でゴシゴシとマッサージしていませんか?

クレンジングは化粧汚れを落とすために必要ですが、方法を間違えれば肌を傷めてしまいます。

そこで今回は、正しいクレンジングの方法についてお伝えします。

★正しいクレンジングの3大鉄則クレンジングで肌を傷めないためには、3大鉄則があります。

まずは、以下の3つの鉄則を守ってクレンジングを行うようにしてみましょう。

クレンジングの鉄則1

クレンジング剤はたっぷり使うクレンジング剤の量が少ないと、肌になじませるときの摩擦で肌を傷めてしまいます。

クレンジング剤はできるだけ、クリームタイプを利用し、量はたっぷりと使うようにしましょう。

クレンジング剤の量は、500円玉大程度を目安にするといいですよ。

クレンジングの鉄則2

スピーディーに行うクレンジングは時間をかけずにスピーディーに行うことが大切です。

クレンジング剤を長く肌につけていると、肌には大きなストレスになり、乾燥が悪化します。

クレンジングは、肌になじませる時間を20秒、洗い流す時間を20秒の計40秒を目安に終わらせるようにしましょう。

クレンジングの鉄則3

マッサージしないクレンジング剤では、マッサージしないようにしましょう。

マッサージをすると摩擦で、肌荒れを起こす原因になります。

クレンジング剤は、肌に優しくなじませてメイクを浮かせることを意識して行ってくださいね。

★正しいクレンジングの方法と手順

クレンジングの3つの鉄則ポイントをしっかり頭に入れたら、次は正しいクレンジング方法を実践してみましょう。

方法と手順は以下の通りです。

1. クレンジング剤を手の平に取る

2. 油汚れが多いTゾーンからクレンジング剤をなじませる

3. 次に頬、口元、目元の順番にクレンジング剤をスピーディーに優しくなじませる

4. なじませるときはマッサージはせずにクルクルと小さな円を描くようになじませる

5. なじませる時間の目安は20秒

6. ぬるま湯を顔に優しくかけてクレンジング剤をすすぐ

7. クレンジング剤は全て落とそうとせず、20秒程度で6割程度落とすようにする

8. クレンジング後は、洗顔をして顔に残ったクレンジング剤を落とす

★クレンジング剤は油汚れを浮かせる道具

クレンジング剤は、洗顔や角栓取りなどの目的では行いません。

クレンジングはあくまでも、洗顔だけでは取り除きにくい油汚れを浮かせて取りやすくするためのケア方法です。

クレンジングで色々なケアを行おうとすると、逆に肌を傷めてしまうので気をつけてくださいね。

関連記事

  1. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います

  2. クレンジング剤選びが重要な理由(スキンケア視点)

  3. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る