閉じる
  1. 突然ですがダイエッターの皆さんどれだけ寝てますか?
  2. 夏でも太る?その原因は冷えにあった
  3. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  4. キーワードは腸内環境!太る原因を排除しよう
  5. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  6. レプチンを味方にする食事の方法がこちら
  7. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ
  8. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  9. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
閉じる
閉じる
  1. 冬から春に向けて紫外線対策をしておこう
  2. 脱毛を始めるなら学生からがお勧めな理由
  3. 温冷タオルパックって何?効果と方法
  4. お肌を本当に大事にしたい方のホットタオルの正しい使い方
  5. 皮脂ケアにも効果的!ホットタオルの嬉しい美容効果とは?
  6. 皮脂が多い肌はメンテナンスが大変です
  7. 皮脂が増える原因はホルモンバランスの乱れにあり!
  8. 皮脂の過剰分泌が肌トラブルの原因の可能性
  9. オリーブオイルと言っても食べるやつとは全然違います
  10. ポイントメイクの落とし方の基本を知っておこう
閉じる

美白のためならどこまでも

お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし

夏真っ盛りになるとついつい飲み過ぎてしまうのが、ビールなどのお酒です。
中にはお酒を水分補給の代わりに飲んでいる強者も目にしますよね。

しかし、お酒は飲み方を間違えると、逆に体を脱水の危険にさらしてしまいます。

そこで今回は、夏だからこそ知っておきたいお酒の正しい飲み方についてお伝えします。

★お酒の適量を知る

お酒を飲む上でやはり一番大切なのが、量です。
いくらいい飲み方をしても、大量に飲んでは意味がありません。

厚生労働省では、1日の飲酒量の目安を100%のアルコール量で20g程度としています。
この量は具体的には以下のお酒の量に相当します。

・ビール:中瓶1本
・7%チューハイ:350ml缶1本
・日本酒:1合
・ウイスキーダブル:1杯

★1週間単位で飲酒量を調節する

ただし、飲み会などがあると上記の目安量を守ることは難しいですよね。
そこでおすすめなのが、1週間単位で飲酒量を調節するという方法です。

たくさん飲んだ翌日は飲酒しないなど、1週間で計画を立てると飲酒量を守れるようになりますよ。

★お酒を飲むときはチェイサーを利用する

お酒を飲むときは、白湯やお茶、水などのノンアルコール飲料をチェイサーにしましょう。

チェイサーとは、お酒を飲んだあと、追いかけるように水などを交互に飲むことです。
水や白湯を交互に飲むことで、アルコールの肝臓や胃への負担を和らげることができるんですよ。

★ビタミンやミネラルが豊富なつまみと一緒に飲む

飲酒をするときは、つまみと一緒にゆっくり食事をするようにしましょう。

つまみとしては、

・サラダ
・豆腐
・枝豆
・チーズ
・刺身

など、食物繊維やビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富なものをチョイスしましょう。

アルコールを分解するときに、ビタミンやミネラルが消費されるので、特に野菜は多めに食べるようにしてくださいね。

★飲んだ後はグレープフルーツジュースを飲む

飲酒後におすすめなのが、グレープフルーツジュースです。

グレープフルーツなどの柑橘類には、飲酒で不足しやすいビタミンやミネラルが豊富です。

また、果物に含まれている果糖には、アルコールの分解をサポートしてくれる嬉しい効果があるんですよ。

★寝酒はしない

アルコールを飲むときは、タイミングも大切です。
特に寝る前の飲酒は控えるようにしましょう。

寝酒は、睡眠の質を悪くして、寝不足を招いてしまうんですよ。

★お酒は脱水のもと!

お酒には利尿作用があります。
そのため、大量の飲酒は水分の排出を促してしまい、体を脱水状態にします。

喉が渇いているからといって、お酒で水分補給はしないようにしてくださいね。

おすすめ記事

  1. せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方
  2. ダブル洗顔の良い場合と悪い場合をきちんと理解してますか
  3. お酒で脱水?本当にあったお酒のはなし
  4. スポドリだから安心?ジュース類の飲みすぎ注意
  5. 熱中症に命の危険あり!正しい対策でしっかり予防するためのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る